FC2ブログ

苔富のよもやま話 インターネットのおはなし

 2011-07-21
いつも製作報告記事ばかりで、雑記もほとんどないのでたまにはこういった話もいいでしょう。
今回はインターネットのお話。

今はこうしてブログをつけていますが、インターネットで表立った活動をするようになったのは中学2年の頃。当時仲間内で流行っていたカードゲームの交流ホームページを立ち上げたのが一番最初でした。データだけ残して更新終了宣言をして放置していましたが、久しぶりに見に行ったらinfoseek iswebの無料サービス終了で跡形もなくなっていました。懐かしい思い出がいくつも出てくると共にちょっぴり悲しい気持ちになりました。
当時苔富が住んでいたのは東京でしたが、奈良県に住んでいる同じカードゲーム好きグループのホームページを訪れたのがきっかけでお友達もできました。彼らは今どうしてるんでしょうか。

次に立ち上げたのは高校1年のとき、某対戦ゲームの攻略サイトでした。公式大会でもそれなりに腕を振るう程度の腕はありました。親友が全国大会に出て、OFF会にも参加して、掲示板で議論を交わしたり。これも懐かしい思い出ですね。
見よう見まねで作った先のHPとは違い、ちょっとソフトにもお金を払ったり、タグ手打ちで手直ししたり、CSSやJavaScriptのお勉強もしたお陰か最盛期には1日800PVくらいありました。もうすっかりそのゲームもやらなくなったし、なんだかそんなHPを持っていたのが遠い昔のお話のように感じてしまいますね。

そして大学生。このブログを始めるまでにmixiとtwitterも挟み(mixiは現在お休み中)、ニコ生なんかもやったりハンドルネームを改名したり。高校の後半から大学の前半で苔富をとりまく環境はめまぐるしく、大きく変わりました。
そして模型サークルに入り1年が経過し、自らブログをやろうと発案。そう、このブログです。
ブログがどんなものなのかもちゃんと理解しないうちにホームページを作っていた身としてはブログってなんだかチャチだしHPと比べると自由度が低い、というイメージがありました。しかしこうしてまめに更新して早1年。ブログも意外と悪いもんでもないですね。
非常にお手軽。とにかくお手軽です。
ただお手軽な分不満な点も少なからずあります。FTPソフトで画像ファイルの管理ができないため完成品ギャラリーの記事が最高に書きづらいのが一番ですかね。
一応海洋祭の記事はありますが、やっぱりちゃんと製作者のコメントつきでまとめた記事が欲しいです。やっぱり次代のブログに引継ぎする前に一度整理しなおしてちゃんとしたギャラリーを作りたいな、と思っています。

さて、このブログは開設当時からアクセス解析をつけていました。
最初のうちはアクセス数もほとんど伸びませんでしたが、製作報告の記事がたまってくるにつれてキット名で検索してわがブログにやってくる人が増えてきました。訪問者の方々は我々の記事を参考にしてくれたのでしょうか。
2011年になってから「東海大学 模型同好会」などといったキーワードでの訪問者が増えてきました。GMCの知名度も上がってきたと思っていいのでしょうかね。嬉しいものです。
ブログに訪れてくれる人がちょっとづつ増えている以上、代表としては手が抜けませんね。
昔話をして温故知新。もうちょっとこれからのことをいろいろと頑張るエネルギーを得たのでした。


しっかしこうして見ると苔富の趣味もコロコロ変わっていますね。中学の頭から通してやってる趣味ってネットの他は魚飼うのと釣りくらいじゃないでしょうか。けど模型は一生やめませんよ!
スポンサーサイト



7月15日の定期報告

 2011-07-20
15日は夏休み前最後の部会でした。
その前から夏休みムード・・・というわけではないのですが、レポートに追われているうちにあっという間に時間が過ぎ去りまたまた更新が遅れ。
けどしばらく前とは違ってモチベーションは高いですよ!

さて、というわけで9月の後半までの夏休み期間は昨年と同様みんなが送ってきた製作報告がたまってきたりしたら、という形で不定期更新になります。部会のない期間にみんながなにを作っているのかが簡単に把握できるのはサークルブログの強みですね。

夏休み明けにはサークル内でのぷち展示会が行われる予定です。
我々のアパートが大学が近いといえども毎週部会に作品を持ってこれる人は多くないです。いくらブログで写真を見ていても、他人の作品を生で見るのとはモチベの上がり方が違いますね。
というわけでたまには見せ合うのもいいんじゃないかなと。せっかく持ってくるならみんなでタイミングを見計らってやるほうが楽しいですよね。
みんながどんな作品を夏休みに作ってくるのか非常に楽しみです。


【製作報告】
報告:KY
夏休み前、大量放出です!!
・GN-001REII ガンダムエクシアリペア2
・GN-000 0ガンダム
・「GNソード4フルセイバー」
IMG_0509[1][1]IMG_0507[1][1]
CIMG0844[1]

以前、部会のほうにも顔を出させていただいた、0ガンダム。そして、追加で作製したエクシアR2です。二体とも、原型色を利用し細部の色分けを行っています。小惑星っぽいジオラマを現在製作中です。学祭では、最終決戦を再現する予定です。
続いて、前回の部会にて部長から頂いた、Hobby Japanの付録GNソード4フルセイバーです。キッドを開いた瞬間びっくり!青色とクリアグリーンの二色キット・・・・
全力投球で、仕上げました。自分的非常に満足なできになりました。

報告:天の川
ジオラマ前回のつづきです。

0715 1[1]
石膏から作ったレンガ。次作るときはもう少し効率的になるようにする。

0715 2[1]
内装です。バルサとかで作って壊した。

0715 3[1]
初めてのサフ

報告:苔富
このブログ、ローマ数字使うと文字化けするんですよね。00系の機体はローマ数字がつくものが多いですからちょっと困った仕様です。KYくんにはちょっと申し訳ない気がします。
天の川くんも相変わらずの職人ぶり。苔富も頑張ります。

P7208070[1]
レポートの合間を縫ってハセガワ1/72 T-4に手をつけました。
息抜きにコックピットだけ、と言って始めた作業が1日でなぜかご覧の状態に・・・
ハセガワのキットの中でも新しいものだけあってパーツの精度は抜群。流し込み接着剤を多用するとパーツ数の少なさも手伝ってあっという間に塗装に漕ぎつけることができますね。
いや、さすがに塗装は自重しておきましょう。
このキットには部隊マークがたっぷり入ってるのですが、どれにするか悩みものですね。昨年製作したT-4ブルーといい感じに揃い踏みになりそうです。


フンドシ大佐くんが製作報告をしてくれました。撮影にはsarupaくんが協力してくれたそうです。
見たところ1/144のF-14とF-15 S/MTDですね。
ブルーインパルスを模したカラーとあとは・・・なんでしょうか。
フンドシ大佐くんは初心者ですが、KYくんの協力もあってか丁寧に塗りわけできていますね。
個人的にはF-15の裏側が気になるところです。昨年組んだT-4ブルーのマスキングは意外と作業量が多く、かなり時間がかかりました。もしこれもそれと同様の塗装だったらなかなかに大変だったのではないでしょうか。
IMG_0559[1]IMG_0556[1]

7月8日の定期報告/GNT-000W・VF-1S 25周年塗装ほか

 2011-07-10
8日の部会でも引き続き海洋祭のことについて話しました。
展示作品数や借用物のことなどの話がメインでした。
トータルは昨年同様50前後で、そのうち10が1/144可変機祭り用の作品となりそうです。
そろそろ苔富も取り掛かったほうが良さそうです。

【製作報告】
報告:天の川
P1010515[1]
タミヤ 1/35 アメリカ歩兵部隊アルデンヌ攻防戦1944
ベースの制作始めました。建物のパーツはイタレリ、情景シートと人間はタミヤのセットです。
地面は入ってたのともう一種類情景シートを使って縁石を作って車道と歩道を分けてみた。
情景シートはスチレンボードで作ったのと比べると立体感がいくらか乏しいがどうせガレキで埋まるのでいいや。楽だし
セットのアメリカ兵は三体しかいないので腐るほどあるドイツに変更。
街灯とかを左に置きたいな。


報告:KY
妄想いきます!
GNT-000W
ダブルオーガンダムとダブルオークアンタの中間機体を妄想してみました。
GNドライブを二基とも破損し、新たなツインドライブ建造と同時に進められてきた「クアンタムシステム」導入を想定した機体の開発。その過程でベーダによる機体構想の一つとして生み出された試験機という設定で作ってみました。
頭部、GNシールド、GNソードもオリジナルのものをこしらえました。
けっこうな量のジャンクを使っていて、製作した自分ですらどこに何を使ったか把握しきれていない状況ですww
詳しい妄想は、製作記録としてまとめる予定です。
エクシアvs0ガンダムは次回報告しますごめんなさい<(_ _)>
CIMG0807[1]CIMG0812[1]
CIMG0813[1]CIMG0814[1]


報告:苔富
ステイメンのデカールはいまだ届かず、結局前回更新の後作業は進みませんでした。
代金振り込んだのに振り込み確認メールが来ただけで1週間以上在庫のある商品を発送してないってどういうことなの・・・

さて、ステイメンを仕上げた後に突貫作業で1作仕上げてしまいました。
「1/72 VF-1Sバルキリー マクロス25周年記念塗装」
すでにマクロスは2011年で29周年なんですけどね。
キット自体はノーマルバルキリーのものを用いました。2日でパーツを合わせて組み立て、サフ吹き、ベースブラック、本塗装、クリアコート。
ついで丸1日以上かけてデカールを貼りました。塗装時のパーツ数が少ないエアモデルは無茶できますね。
P7047857[1]P7057867[1]

このキット、キャラクターモデルですが飛行機模型のハセガワが本気で作っただけありまして中身は完全にエアモデルです。4年前に限定生産のキットを購入したはいいものの、写真の金箔デカールにびびって4年も積んでいたシロモノでした。
P6236058[1]P7057897[1]


というわけで完成写真。金箔デカールはクリアーを弾いてしまうので最後のコートは禁止でした。おかげでマークセッターで密着させたもののところどころ触りづらいキットに・・・
まぁ完成してしまえば触ることもほどんどないので問題ないんですけどね。
P7108036[1]P7108022[1]

本体色の塗装はフィニッシャーズのシーサイドブルー。さわやかで気持ちよい色のメタリックブルーでした。
今までもフィニッシャーズといえば最強ホワイトのファンデーションホワイトのお世話になりっぱなしでしたが、噂に聞いていたとおりメタリックカラーも素晴らしい塗料でした。
もうすっかりフィニッシャーズ信者です。

失敗できない大量のラインデカール貼りに今までないほど長時間かけたこともあり、達成感はひとしおでした。今まで少々デカール貼りは苦手というのが自己認識でしたが、前回のステイメンと今回のバルキリーで多少は克服したと思います(それでも何箇所か失敗したけど)。

7月1日の定期報告/エクシアリペア・GP03S

 2011-07-10
・7月10日投稿
間違って7月1日分の記事を消してしまいました。
製作報告だけ再アップしておきます。

報告:KY
ガンダムエクシア リペア―
 セカンドシーズン第一話に出てくるあれです。
 アニメの設定では、破損した頭部をティエレンのカメラアイを使用して回収していますが、ティエレン(1100円)を犠牲には出来ず、しぶしぶジャンクを使い再現しました。
 左腕部の破損を隠すためのマント?は学祭までには作る予定です。
ぜひ、アヘッドとの戦闘を再現したいです。
写真では見づらいですが、露出したコード類は壊れたイヤホンのコードを使っています。全体につや消しのクリアーを吹いた後にウェザリングを施しています。
この方が、かすれたりしていい感じになりました。
次回は、エクシアリペア―???Oガンダムの製作報告をします<(_ _)>
CIMG0005[1]CIMG0007[1]
CIMG0001[1]CIMG0008[1]


報告:苔富
P7047822[1]P7047825[1]P7047835[1]
HGUCガンダムGP03S ステイメン塗り上げました。
全身にコーションデカールを貼りましたが、ちょっと貼りすぎた気もします。
まぁ格好よくまとまったから良しとしましょう。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫