FC2ブログ

7月18日の不定期報告

 2010-07-18
報告:苔富
「フジミ1/72 F-14D VF31トムキャッターズ」完成しました。
パーツ数が多い上に(130個くらい)分割が独特なせいで四苦八苦しましたが、なんとか組み上げることができました。
せっかくなのでハセガワのトムにもチャレンジしたいですね。
難易度はフジミより上らしいので、挑戦は来年以降になると思います。

18144838_223080658_2large.jpg18144838_223080664_203large.jpg
デカール貼りが苦手だと再認識。写真ではわかりづらいですが、よく見ると場所によっては雑です。
組み立てにも反省点が少なからず。前脚がちょっと左に歪んでいたり、ミサイルの角度がごくわずかですがずれていたりと完璧ではありません。

18144838_223080671_38large.jpg
しかしそれらのミスを補ってあり余るほど塗装は素晴らしい出来栄えです。
パネルライン単位のグラデーションなので、同じ2色グラデでも面単位にならざるを得ないガンプラより高い効果を出してくれました。
今まで塗装をしてきた中でも最高の出来です。こんなトムが塗れたことがとにかく嬉しいです。

18144838_223080661_151large.jpg
個人的な趣味の話ですが、トムキャットはローアングルで見るのが一番格好いいと思います。

ステルス性が勝負の分かれ目になりうる第5世代以降の戦闘機はほぼ絶対にトムのようなデザインにはならないでしょう。
ロボットに変形する戦闘機が華麗に飛び交うマクロスの世界では2010年の段階で実用化されているとされるアクティブステルス。これが現実世界でも現れればトムもまた・・・などとたまに妄想したりします。

報告:あおけん
IMG_2215.jpg
オメガモンの元素材になる予定のアヘッドを組み立て、立たせてみました。
あと、肩にエポキシパテを盛りました。
腰パーツは、別のアヘッドから引っ張ってきました。腰パーツ一から作らなきゃ…

IMG_2226.jpg
オメガモン胴体の正面の製図。
最近は、プラモ作らないでこういうのばかし書いています。

IMG_2224.jpgIMG_2225.jpg
写真左:メタルギアZEEK
ライトセイバーを4本の手で振り回す、どっかの将軍にも見えなくない…
写真右:アイアンマンに挑戦してみたけど…ちょっと無理だった…


スポンサーサイト



7月16日の定期報告

 2010-07-16
今日の部会は春学期最後の部会になりました。
3年生が海洋実習で函館まで行ったので、上陸した際に買ったお土産を頂ました。ごちそうさまでした。

これから夏休み明けの9月まで、定期的な更新はなくなります。
作っている模型が進んだり完成したりなどして報告をしたい場合は苔富にメールを送り、記事を更新という形になります。
苔富はいつもの如くダラダラと休み休み作っていくので、更新は苔富以外の人たちの製作速度に依存することになりそうです。
とはいえ報告を強制したりはしませんので、まぁ月1回くらいでも更新できればいいんじゃないかなぁ、と。
海洋祭に展示する予定の模型が詰まっているので、早いところトムキャットは組み上げてしまいたいです。
7月中に終わるかな?見守ってあげてください。

【製作報告】
・苔富
F-14D VF31
前々回の更新で「この上からまた黒を残して本体色を塗装すれば」と言っていたにもかかわらず、なぜか本体色をベタ塗りしてしまいました。
P7154341[1]
ほぼ完全に消え去るグラデーション。

P7154348[1]
垂直尾翼にはわずかながらにグラデーションを認めることができますね。
仕方がないので800番のペーパーで塗膜を少々削り(そのまま上からさらに塗るとモールドが埋まりかねない)、再度塗装することになりました。
お酒にかなり酔った状態で模型は作るもんじゃないですね。大反省。
しかしいくら後悔しても元には戻りませんので、割り切って塗装を進めていきたいと思います。

・7/17追記
P7174356[1]
本体は徹夜で一気に塗り上げました。
うまくグラデーション表現ができたと思います。

7月9日の定期報告

 2010-07-09
今日の部会は3年生が全員海洋実習でいなかったのでさくっと終わらせてしまいました。
人が少ないとやっぱり寂しいですね。

MistさんのSu-47がwebモデラーズに掲載されました!
http://www.webmodelers.com/201007tokaiSU47.html
すでにリンクに入っているのでご存知の方もいると思いますが、webモデラーズは月1更新のオンライン模型誌です。
かなりスケールモデル寄りな雑誌ですが、アマチュアの模型が気軽に見られるいい媒体です。
閲覧者なら誰でも投稿できるので他の方も作品を出してみませんか?

【製作報告】
試験が近いのでレポートや勉強に追われる人が多く、模型はあまり進まないようです。
・常陸
ハセガワ 1/700きりしま、船体が完成。
沼口きりしま

・かゆうま
タミヤ1/72 EF-2000完成。
さすがはGMCの超速モデラーですね。
しかしそのスピードを保ちつつもいつもどおり丁寧な仕上げです。
後ろにはまだ旅客機3機に戦闘機1機が控えているそうで、夏休み明けが楽しみです。
12496830_88431657_162large.jpg12496830_88431736_160large.jpg1533812119_53.jpg



7月2日の定期報告

 2010-07-02
日付の変わり目にギリギリ間に合いました。よかったぁ
今日の部会では学祭のことも特に話すことがなかったので製作報告がメインになりました。

T-WAVEさんによると7月31日、8月1日に清水港に護衛艦が来るとのこと。
http://www.mod.go.jp/pco/sizuoka/top/taikenkoukai.html
静岡県地方協力本部のサイトを探すと体験航海のページを見つけることができました。
有志で見に行くことになりそうです。

その後は雑談。苔富はMistさんと塗装についていろいろとお話をしました。
何人かは部会後に食事に行ったみたいです。

【製作報告】
・苔富
F-14D VF31の塗装が進みました。
サフ吹きを終えたらパネルラインに沿ってブラックを吹きます。
P7014330[1]

そしたらもう一度、今度は黒のラインを残すように意識してサフを吹きます。
P7014333[1]

拡大。まだグラデーションは若干キツいです。写真ではそうでもないように見えますが実際はもっと黒い部分が濃く見えますので、この上からまた黒を残して本体色を塗装すればじんわりとした表現になると思います。
が、それでは写真を撮ったときにグラデーションしているのかわからないくらい微妙になってしまいそうな気もしますね。
P7014331[1]P7014329[1]

にしてもグラデーション塗装を施すと本塗装前でも立体感が出ますね。
コックピット周りはラインが多いので強調はせず、墨入れとマーキングだけにしようと思います。
ここにグラデ施すのは大変だし、したところでうるさくなりすぎるだけでしょう。

こういう塗装をするたびにシングルアクションのハンドピースの限界を思い知らされます。
微妙なさじ加減が難しいことこの上ないです。
ダブルの購入で1万円は飛ぶので出し渋ってるのですが・・・早めに買いましょう。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫